Symphony Record

文章力はないし、音楽の知識もないけど、とにかく音楽が好きな人のブログ

初心者にオススメなQueenのスタジオアルバム

どうも、けむけむ (@kemkem5641)です。

 

先月、アップしたQueenの記事の続きで、今回は初心者にオススメのスタジオアルバムから初期・中期・後期より1枚ずつ紹介しようと思います。

 

オススメのベスト・アルバム編はこちらより

symphony-record-kemkem.hatenablog.com

 

 

初期の集大成的アルバム『華麗なるレース』

まずはクイーンの初期5枚からオススメするのは、1976年発売5枚目のアルバム『華麗なるレース』です。

 

華麗なるレース

 

前作のアルバムは、大ヒットしたご存知「Bohemian Rhapsody」を収録したアルバム『オペラ座の夜』

このアルバムの対となるアルバムとして製作されたのが本作です。

 

初の自己プロデュース作品であり、初期のピークともいえるアルバム

収録曲には映画『ボヘミアン・ラプソディ』で一番最初に使用される楽曲「Somebody to Love」をはじめ、アルバムの最初を飾り疾走感のある「Tie Your Mother Down」、日本語歌詞による楽曲「手をとりあって」

 

 

比較的前作の影に隠れやすい本作ですが、バラードを中心にとてもまとまりのある構成になっており、初心者にはオススメの1枚となっております。

 

 

黄金期に放つ最高傑作『ザ・ゲーム』

続きましては中期からオススメするアルバム

1980年8枚目のアルバム『ザ・ゲーム』

ザ・ゲーム

まさに彼らの黄金期の1枚で捨て曲なしのアルバムです。

「愛という名の欲望」と「地獄へ道づれ」と大ヒットナンバーを収録しており、アメリカでは最もヒットしたアルバムです。

最後の「Save Me」は美しいバラードで締めくくることから、気持ちよく聴ける1枚になっております。

中期の中では一番間違いないアルバムと思います。

個人的には1曲目の「Play The Game」のPVはいろいろ突っ込みどころがあり好きです。

 

 

このアルバムの特徴としては初めてシンセサイザーが導入されたのがポイント

その分曲に幅が広がったことから、さまざまなジャンルが聴けるアルバムになっています。

 

 

涙なしでは聴けない傑作『イニュエンドウ』

さて、後期から紹介するのが、実質のラストアルバムとなる『イニュエンドウ』

このアルバムのあとにラストアルバムの『メイド・イン・ヘヴン』がありますが、フレディの死後に作成されたアルバムになります。

 

イニュエンドウ

フレディが亡くなる直前に製作されたアルバムであるため、涙なしでは聴けない1枚

このアルバムを気に入った方は是非製作エピソードを調べてもらいたいです。

 

 

ちなみにこのアルバムのラストを飾る「The Show Must Go On」は最後にフレディが

「僕はこの曲に全てを捧げるよ」

と語ったというエピソードがあるそうです。

 

この曲は映画『ボヘミアン・ラプソディ』の映画のエンディングで最後に流れる曲のため、このエピソードを知っているとさらに涙モノです。

 

 

以上で、初期・中期・後期からそれぞれ1枚ずつ初心者にオススメするアルバムの紹介でした。

 

この他にもすばらしいアルバムがクイーンにはたくさんあるので、今後紹介できればと思っております。

 

華麗なるレース

華麗なるレース

 

 

 

ザ・ゲーム

ザ・ゲーム

 

 

 

イニュエンドウ

イニュエンドウ

 

 

 

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)